スズキの燃費データ不正を受け、スズキ車ユーザーが燃費を確認すると・・・?

スズキの燃費データ不正を受け、スズキ車ユーザーが燃費を確認すると・・・?

画像:twitter

自動車メーカー大手の三菱自動車工業とスズキで発覚した燃費データの不正操作。

消費者は、自動車業界のデータ操作について不信感を募らせています。

三菱自もスズキも、国が定めた「惰行法」とは異なる方法で燃費データを測定していました。

しかし、三菱自動車のときほど、スズキの燃料不正は騒がれていないようです。

それは、スズキが「燃費を良く見せようという意図はなかった」というコメントに表れているように、三菱自とは測定法に違いがあったためと推測されます。

スズキは会長が陳謝したうえで、

「当社のテストコースは海の近くにあり、風の影響で計測結果にばらつきが大きいため、つい装置ごとの実測値を使ってしまった」

と釈明。

意図的ではなく、惰行法によるデータに近づけるように、比べながら計測して『誤差』がなかったので、そのまま使ってしまったとしています。

一方、三菱自は「高速惰行法」という測定方法を採用し、『意図的』に燃費が良くなるようなデータを国に提出していました。

それが三菱自とスズキに対する、メディアや株価などに温度差として表れているものと考えられます。

この不正を受けて、スズキ車ユーザーが自動車の燃費を確認したところ・・・

それでは次のページにてご覧ください!!!