偉大な先人おかげ!日本人の「食」に対する飽くなき探究心が世界を唸らせる

偉大な先人おかげ!日本人の「食」に対する飽くなき探究心が世界を唸らせる

島国であること、鎖国をしていた事など、独自の文化を創造してきた日本。

とくに「食」の分野では、「日本食」「和食」として、世界の「食」とは一線を画してきた。

そのため、諸外国からは

「とんでもない」
「なぜこれを食べ物に」

など、日本人が当たり前に食べているものが、奇妙に思われていることもある。

まずは、外国人と日本人の「食に対する執着心の違い」をご覧ください!!!

☆とにかく、食べてみる

☆卵も衛生管理をすると生でも食べれるようになる

☆生のこんにゃく芋にはシュウ酸カルシウムが含まれており、最悪の場合、窒息死する可能性もあるのだが・・・なんとかした

☆なぜか、毒のあるものも食べられるようになった

「ここまでしてでも、食べたいのか?」

と、外国人があっけに取られるほど日本人の「食」に対する執着心はものすごかったようです。

先人の飽くなき探究心のおかげで、現代の我々が美味しい「食」を堪能することができています。

すごく、ありがたい事ですね!^^