小3の少年が書いた沖縄戦没者追悼式の詩『空はつながっている』に大切なものを学ぶ

小3の子が書いた詩『空はつながっている』に大切なものを学ぶ

沖縄戦没者追悼式 平和の詩全文 2014年6月23日

石垣市立真喜良小学校3年 増田健琉(たける)
 
 
『空はつながっている』
 
ぼくのお気に入りの場所

みどり色のしばふに

ごろんとねころぶと

そよそよとふく風がぼくをやさしくなでる

遠くでひびくアカショウビンの鳴き声

目の前ではお母さんやぎがやさしい目で

子やぎたちを見まもっている

青あおと広がるやさしい空
 
 
でも

遠くの空の下では

今でもせんそうをしている国があるんだって

ばくだんが次つぎとおとされ

なきさけびにげまわる人たち

学校にも行けない

友だちにも会えない

家族もばらばら

はい色のかなしい空
 
 
空はつながっているのに

どうしてかな

どこまでが平和で

どこからがせんそうなんだろう

どうしたら

せんそうのない

どこまでも続く青い空になれるのかな

せんそうは国と国のけんか

ぼくがお兄ちゃんと仲良くして

友だちみんなともきょう力して

お父さんとお母さんの言う事をきいて

先生の教えをしっかりまもる

そうしたら

せんそうがなくなるのかな

えがおとえがおが

遠くの空までつながるのかな

やさしい気もちが

平和の心が

丸い地球を

ぐるっと一周できるかな
 
 
まだ子どものぼく

いのる事しかできない

どうか

せかい中の子どもたちみんなが

学校に行けますように

友だちとあそべますように

にこにこわらって

家族でごはんが食べれますように

夜になったら

すてきなゆめが見れますように

しあわせでありますように

いつか友だちになれますように
 
 
白い雲

ぼくの平和のねがいをのせて

この地球をぐるっとまわって

青い空にそめてきて

きっと

せかいは手をつなぎ合える

青い空の下で話し合える

えがおとえがおでわかり合える

思いやりの心でつうじ合える

分け合う心でいたわり合える

平和をねがう心で地球はうるおえる
 
 
だから

ここに

こんなにきれいな花がさくんだ

だから

こんなに

ぼくの上に

青い空が広がっているんだ
 
 
============

素晴らしい詩です。

大人こそ、もっと平和について考えるべきだと思いました。
 
出典元:沖縄タイムス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です