座敷わらしの撮影に成功!観ると縁起が良くなるかも?

座敷わらしの撮影に成功!観ると縁起が良くなるかも

画像:facebook

座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在です。

座敷または蔵に住む神と言われ、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承があります。

一般的には、赤面垂髪の5、6歳くらいの小童といいます。

年恰好は住み着く家ごとに異なるともいい、下は3歳程度、上は15歳程度の例もあります。

髪はおかっぱ、またはざんぎり頭。

性別は男女両方が見られ、男の子は絣か縞の黒っぽい着物を、女の子は赤いちゃんちゃんこや小袖、ときには振袖を着ているそうです。

合成で編集された映像のようにも見えますが、信じるか信じないかはあなた次第・・・

最初は怖い~とおそるおそる閲覧しましたが、何度も見たくなるような不思議な映像となっています。

座敷童の撮影に成功!見た方は、幸せになれる…かも!

Posted by 伊藤征浩 on 2014年12月18日

 
見た人すべてに、善きことがあれば良いですね。

出典元:facebook