「優しい言葉をかけてほしい」100歳のおばあちゃんが最後に欲しかったもの

「優しい言葉をかけてほしい」100歳のおばあちゃんが最後に欲しかったもの

ある100歳のおばあちゃんの言葉です。

「お金もいらない。

 着物もいらない。

 命だってもういらない。

 でもお願い。

 優しい言葉をかけてほしい」

100年生きてきて、最後に彼女が欲しかったものは優しい言葉だったのです。

それなら100年も待たないで、今日から周りの人に優しい言葉をかけてみませんか。

「あなたに会いたくて来たよ」

「あなたと過ごせて、とても嬉しい」

「あなたといると、とても楽しい」

「あなたで、本当によかった」

「すべてあなたのおかげです」

「本当にいいお仕事、していますね」

「うわあ、すごい、よくできたね」

「どうすれば、あなたのようになれるかな」

「嬉しい。でも頑張りすぎないでよね」

「すごく美味しい。おかわり!」

どれも何気ない一言ばかりです。

それで相手の気持が癒されるのなら、どんどん口にしたいですね。

そしてもっといいことに、それを言っている自分自身が、実はどんどん輝いてくるのです。

出典:
『「また、あなたと仕事したい!」と言われる人の習慣』
(高野登・志賀内康弘)青春出版社

*****************

「愛の反対は憎しみではない、それは無関心である」
by マザー・テレサ

「私はここにいるのよ」「私は存在しているのよ」

と、自分自身の存在を認めてもらうことは人生にとって非常に大切なことだと感じます。

自分の存在意義があってこそ、充実した人生になるのだと。

思っているだけでなく、言葉に出して表現してあげることこそ、この世に存在している証になるのではないでしょうか。

「優しい言葉は、たとえかんたんな言葉でも、心にずっとずっとこだまする」
by マザー・テレサ

言葉って、素晴らしい力を持っているのだと思いました。

ぜひ身近な人に「優しい言葉」を掛けてあげてください。