生イカを『塩辛』にする時は、アニサキスに注意!

生イカを『塩辛』にする時は、アニサキスに注意!

画像:いか刺しの美味しさと恐怖~アニサキス被害を防ごう~

アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。

ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。

胃アニサキス症の症状は、食後数時間のうちに始まる激しい腹痛と嘔吐である。

嘔吐に際しての吐瀉物は胃液のみで、下痢も一切認められないことが一般的な食中毒と異なる特徴でもある。

これはアニサキスの虫体が寄生のために胃壁や腸壁を食い破ろうとするために生ずる症状である。

激痛のため診断の確定を待たず緊急開腹せざるを得ないこともある。
(wikipediaより)


画像:wikipedia

新鮮なイカが手に入り、ご自宅で「塩辛」にして食べようとする場合は、アニサキスに注意が必要です。