《誤解している人多数!》報告・連絡・相談(ほうれんそう)の真の意味はこれだった!

《誤解している人多数!》報告・連絡・相談(ほんれんそう)の真の意味はこれだった!

報・連・相(ほう・れん・そう)は、「報告」「連絡」「相談」を分かりやすくホウレン草と掛けた略語。主としてビジネス(職場)において使われる。

現在、報連相は、部下が上司に対する気遣いとしての行為であり、ビジネスマナーとして解釈されている。

しかし、本来の提唱者「山崎氏」によると、

管理職が「イヤな情報、喜ばしくないデータ」を遠ざけず、問題点を積極的に改善していくことで、末端社員の意見や提案が伝わる「風通しの良い会社」をつくる手段

として報連相を勧めており、部下の努力目標ではないという。