急死した母親から帝王切開で救出された息子に歌を捧げる父親の姿が切なすぎる・・・

2014年11月8日、妊娠中のアシュレイさんは
睡眠中に急死してしまいました。

そしてお腹にいた息子レノンジェームズ君は
24週目で帝王切開のうえ治療室に運ばれます。

この動画は、懐妊中に音楽に
反応していた息子のために
許可を得てギターを持ち込み
ジョン・レノンの「ブラックバード」
を歌ってあげているお父さんの様子です。

その後、レノンジェームズ君は
お父さんの腕のなかで永眠したのだそうです。

その「ブラックバード」の日本語訳です。

———————————–

黒い鳥が歌っている
夜の死の中で

その折れた翼をつかって
飛ぼうとしている

君の人生でずっと
君は待っていただけだったね

ことの起こりの瞬間を
黒い鳥が歌っている

夜の死の中で
その窪んだ瞳で
見ようとしている

君の人生でずっと
君は待っていただけだったね

自由になる瞬間を
黒い鳥は飛ぶ、黒い鳥は飛ぶ

光の中を 暗く黒い夜の中で
黒い鳥は飛ぶ、黒い鳥は飛ぶ

光の中を 暗く黒い夜の中で
黒い鳥が歌っている

夜の死の中で
その折れた翼をつかって
飛ぼうとしている

君の人生でずっと
君は待っていただけだったね

ことの起こりの瞬間を

———————————–

歌詞の意味がわかると
お父さんの切ない気持ちが
より伝わって胸が痛みます。

出典元:YouTube 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です