母親に育児放棄されてしまった白い顔の小鹿。人間に引き取られて観光客の人気者に!

ミシガン州の、ある農園で子鹿が生まれました。

その小鹿は、わずか1%の確立で発生する遺伝子疾患のため、
白い顔と青い目を持っていました。

しかし、その変わった容姿ゆえに母鹿から育児放棄されてしまった為、
農園主であるヒラリー・パウエルさんが引き取りました。

パウエルさんは、この小鹿に「ドラゴン」と名付け、
愛情込めて育てました。
そんなドラゴンも、パウエルさんに懐き、無事成長していきます。

そして・・・

ドラゴンは農園のアイドルに!

パウエルさんの農園は、一般の観光客にも開かれており、
自然と触れ合う体験学習ができるようになっています。

様々な動物達とお客さん達が触れ合える農園。

ドラゴンは、そこでたちまち皆の人気者となったのです。

出典元:White-faced Fawn Born In Cedar Springs 

遺伝子疾患で変わった容姿を持った為、
母親に育児放棄されるという不幸な生い立ちを持つドラゴン。

しかし、人間からの愛情をたっぷり受け、
素敵な生きがいを見つけたドラゴン。

これからもずっと農園に訪れる人々を癒し、
楽しませてくれる事でしょう。

出典元:grindtv.com outdoorhub.com 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です