永遠に一緒だと思っていたのに・・・ロボット犬の病院閉鎖で悲しむAIBOの飼い主たちの姿に胸が痛む

人工知能を持ち、飼い主の育て方で個性も変わってくるという、
ソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」は、1999年に発売されて以来、
高額ながら根強い人気を誇り、2006年、ソニーのロボット事業撤退を受け、
その生産を終えた。

累計販売台数は15万台を越え、今でもAIBOと共に暮らしている人は多い。

そしてついに2014年3月、AIBOの修理サポート業務が打ち切られた。

病気になっても直してくれる病院はない。

長年AIBOに愛情を注ぎ、
共に暮らしてきた高齢者の悲しみは相当なものだった。

AIBOはもはや家族の一員であり、深い絆でつながっていたのである。

「ロボットは死なないと思っていたのに・・・」

そんな中、かつてソニーでエンジニアとして働いていた
技術者たちが立ち上げた、ビンテージ機器の修理会社
「ア・ファン ~匠工房~」は、AIBOの修理を行うことに。

その噂を聞きつけたAIBOオーナーから修理の依頼が殺到、
1日に100件もの問い合わせが入るという。

16年前のものとはいえ、その内部構造は精密を極めており、
エンジニアたちはまずボディを解体し、仕組みを理解することから始まった。

直す場所がわかっても、既に生産終了してしまったAIBOの部品はない。

時には自作でパーツを作り出すことも。

彼らがその苦労を乗り越えることができたのは、オーナーたちの
「AIBOを助けてあげて!」という強い思いに支えられたからだという。

今年1月下旬、AIBOを供養するための葬儀が行われた。

これらのAIBOは壊れていて、持ち主も死亡しているもので、
葬儀後、AIBOのパーツはア・ファン匠工房が引き取り、
修理を待つAIBOに臓器移植されるという。

例えロボットと言えど、その命は永遠ではない。

ペットロスを乗り越えて巡り合ったのが
このロボットだったというオーナーもいる。

死なないはずのロボットが弱り果て動かなくなるのを
心配そうに見守るオーナーたちの姿を見ると、胸が締め付けられる思いだ。

モフモフしてなくてもいいんだ。

メカメカしくてもいいんだ。

高齢者というと機械に弱いイメージがあるけれど、
皆が愛着を持ってAIBOの頭をなでている姿を見ると、
AIBOがとてもかわいがられていた様子がよくわかる。

他の修理は打ち切っても
人工知能を持つロボットの修理は打ち切ってはいけない。

AIBOはこんなにもお年寄りたちの支えとなっていたのだから。

AIBOが学習した記憶は、お年寄りたちの人生の一部なのだから。

お年寄りたちよりもAIBOが先に逝ってはならない!

*****************************

部品があって、メンテナンスさえうまくいっていれば
半永久的に一緒にいられるはずだったのに・・・

そんな飼い主達の思いも虚しく、病院閉鎖で皮肉にも
生き物と同じ程度の寿命となってしまったAIBO達。

せめてパーツの臓器移植で1匹でも多く復活し、
お年寄りたちの心の支えとなって欲しいものです。

出典元:カラパイア 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です