男性店員が2ドル足りない少年におごったら・・恩返しがもの凄いコトに!

アメリカのファストフード店での出来事。

少年がカウンターでアイスを注文しました。

でも少年の欲しかった「オレオクッキー・トッピングのミント味アイス」を購入するには2ドル足りませんでした。

そこで、少年を可哀想に思ったのか男性店員が自分のクレジットカードで2ドルをおごってあげました。

少年は、アイスを無事ゲット!やさしいお兄さんでよかったね~^^

と、話はここで終わりませんでした。

少年が帰りに、男性店員に何かを渡しました。

「さっきはアイスクリームを買ってくれてどうもありがとう。おにいちゃんのようにやさしい人がもっといればいいな。」

というお礼の手紙。感謝の気持ちを忘れない少年も素敵ですね~^^

で終わるところですが、さらに続きがあります。

そのメッセージの中には、なんと100ドル札が!

そう、その100ドル札がチップとして男性店員に渡されたのです。

この高額なチップに、男性店員も驚きの表情を隠せませんでした。

さらに・・・

この店員の行動が認められ、彼の働くファストフード店の役員たちがボーナスとして、さらに100ドル支給したのです。

さらにさらに・・・

そのファストフード店は、男の子を家を探し出し、ギフトカードを贈りたいと発表しました。

これこそ、まさに優しさの連鎖「ペイ・フォワード」!

英語ですが、その時の映像はこちらです♪

こういう話題は、心が温まりますね。

出典元:ProMedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です