沖縄6歳の男の子が書いた平和の詩「へいわってすてきだね」が絵本に☆

『へいわってすてきだね』

へいわってなにかな。

ぼくは、かんがえたよ。

おともだちとなかよし。

かぞくが、げんき。

えがおであそぶ。

ねこがわらう。

おなかがいっぱい。

やぎがのんびりあるいてる。

けんかしてもすぐなかなおり。

ちょうめいそうがたくさんはえ、

よなぐにうまが、ヒヒーンとなく。

みなとには、フェリーがとまっていて、

うみには、かめやかじきがおよいでる。

やさしいこころがにじになる。

へいわっていいね。へいわってうれしいね。

みんなのこころから、へいわがうまれるんだね。

せんそうは、おそろしい。

「ドドーン、ドカーン。」

ばくだんがおちてくるこわいおと。

おなかがすいて、くるしむこども。

かぞくがしんでしまってなくひとたち。

ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ。

このへいわが、ずっとつづいてほしい。

みんなのえがおが、ずっとつづいてほしい。

へいわなかぞく、

へいわながっこう、

へいわなよなぐにじま、

へいわなおきなわ、

へいわなせかい、

へいわってすてきだね。

これからも、ずっとへいわがつづくように

ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。

==============

2013年6月23日(沖縄慰霊の日)、沖縄全戦没者追悼式にて当時6歳の安里有生(あさとゆうき)くんが、この「平和の詩」を朗読しました。

この詩は沖縄県平和祈念資料館主催の「第23回 児童・生徒の平和メッセージ」詩部門において、小学校低学年の部・最優秀賞に選ばれました。

そして、人気絵本作家の長谷川義史さんがこの詩を読んだとき「今、描かねば。大人として、絵描きとして、逃げることは出来ない。」と思い、絵本化に至ったそうです。

『へいわってすてきだね』

この言葉を、ずっと忘れないように生きたいですね。

出典元:“へいわってすてきだね”  久部良小1年 安里有生 6月新刊『へいわってすてきだね』ご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です