『大切な誰かを失って、初めて知るもの』

『大切な誰かを失って、初めて知るもの』

大切な誰かを失って、

初めて本当の悲しみを知る。

もしその悲しみを、

失う前に感じられたなら、

きっともっと大切に出来た。

大事に出来た。

だけど人は、

失うまでは悲しみを感じられない。

そしてなぜか、

そばにいる人ほど、

そばにいるのが当たり前になりすぎて、

大切にするのが難しかったりする。

離れることはないと確信出来る誰かも、

いつかは、いなくなる。

大切にすべきなのは、

失うと気付いた時じゃなく、

今、そばにいる時。

================

人は変化がないとそれが当たり前となり、本当に大切なものを見失う。

そうならないように、今の自分の「かけがえのないもの」を常に意識しながら、生きていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です