「雑用は上級生の仕事」武井壮の体育会の上下関係に対する思い

1,651 views

画像:http://profile.ameba.jp

ボールの片づけや掃除など、体育会系のグループでは下級生がするのが暗黙のルールになっている世の中。

それに対して武井壮さんは、全く反対の持論を持っていました。

「強い人は守る、豊かな人は支える、偉い人は思いやる」

そんな考えを持った上司の背中を見て育った部下は自分もいい上司になろうとする、というのが彼の考え方でしょうか。

自分の立場が上がると、同時に責任も重くなるものです。

部下を思いやることで、グループの未来を守っていくのも上司の仕事です。

自分の背中は見られている、ということを改めて認識させられる発言でした。

出典元:武井壮 (@sosotakei)

  • LINEで送る

人気ランキング