【涙腺崩壊】TOYOTA(トヨタ)のCMが感動的すぎると話題!!

毎年恒例のスーパーボウルのCMはどれも傑作揃いでしたね。

中でもトヨタUSAのCMは娘を送り出す父親の切なさを描き、涙を誘っている。

車を運転する男性。その助手席には娘らしき女の子の姿が。

「”パパ”であることは、(生物学的な)”父親”になるってことだけじゃない。(自らの)選択なのだ。誰かを傷つけるというよりも、自分自身が傷つく選択でもある」
「周りがおびえていても、己は勇敢でいなくてはいけない。”自分はそこにいるよ”という意思表示でもある。そしてことの善し悪しを、自らの言葉や行動で示していくんだ」

というナレーションと共に、父と娘が歩んできた日々が映し出される。

一緒に遊んだ幼少時代、反抗期で叱り飛ばしたこともあっただろう少女時代、

だけどいつでも父親は自分のそばにいてくれた…と思いかえし、女の子は慌てて涙をぬぐう。

そんな父娘の貴重な時間は過ぎ、車は無情にも空港へ。

大きなリュックサックを背負った娘が向かうのは大学や旅ではなく、軍隊だった。

そして父親は泣きそうになるのをこらえながら笑顔を見せ、自分の人生を歩み始める娘を見送るのだった。

 

出典元:Youtube My Bold Dad Presented by The Bold New Camry Toyota

短いCMの中にしっかりとしたメッセージが入っていて
思わず感情移入して、涙していました。

家族って本当に大切な存在なのですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です