電車で女子高生に「デブ、マジキモい」と罵倒された女性が、全員を一瞬で黙らせた言葉

電車で女子高生に「デブ、マジキモい」と罵倒された女性が、全員を一瞬で黙らせた言葉


電車に乗ってる時。

同じ車両に髪ボサボサですごいポッチャリしたオバさんがいたのね。

その日はあまり人いなくて混んでないし静かだったんだけど、何駅かしたら学校帰りらしいギャルの女子高生グループが乗ってきた。

しかしこの女子高生たちギャーギャー騒いでとにかくうるさい。

すると仲間のうち一人がさっきのオバさんを指さし

「ちょっwwあの人マジヤバくない?www」
「超デブじゃんw」
「マジキモーいw」

もう言いたい放題。本人目と鼻の先にいるのに。

そしたら座ってたオバさんが立ち上がって女子高生たちの所までゆっくり歩み寄っていった。

さすがにここまで言われたら メチャクチャキレるだろと思った。

下手したら殴りかかるかもしれない。

誰もがそう思った。

するとオバちゃんは意外にも落ち着きを払った声で一言だけ言った。

「そう。あなた達は私みたいなのと違ってキレイでかわいい。

だからそんな汚い言葉は似合わないよ。」

これには流石の女子高生たちも目を見開いていた。

その後さっきまでの態度が嘘のように静かになり、全員一言もしゃべらないまま次の駅で気まずそうに降りていった。

=============

平気そうにしているけれど、この女性の心は絶対に傷ついている。

言霊ということばがあるように、人も自分も美しい気持ちになる言葉を使いたいものですね。

出典元:目撃DQN!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です