【必見】いざって時に役立つサバイバル術とは・・・

スクリーンショット 2016-08-23 0.03.59
画像:YouTube

水の入ったペットボトルと紙を使って火を起こす方法をご紹介。

いざという時に火を起こせるライフハックをご紹介。やり方はまず、水を入れたペットボトルで紙の黒い部分に光を集めます。

ポイントはペットボトルの丸い部分。ここを中心に光を集めることで火を起こしていきます。

煙が出てきたら、さらに紙で覆って火種を強くしていきましょう。

しばらくすると、こんなに火がつきました!

もし真っ白な紙しかない場合は土などで汚し、熱を吸収しやすい黒色に近づけましょう。

紙もなければ、なるべく乾いていて暗い色の樹木の皮も紙の代わりになるということです。
これは覚えておいて損はありませんね。

 

動画は次へ