武井壮、じつは「下半身不随になる」と医師から宣告されていた!

53,716 views


テレビ番組『ワイドナショー』にて。

武井壮さんが番組内で、「十種競技で怪我をしたとき、医者から『一生歩けない』と言われた」というお話をされていました。

下半身が動かなくなり、自宅でうつ伏せで静養していた時「骨の図解書」を読んでいたそうです。

武井壮さんはその本に載っている、骨のブロックの写真を見ながら

『自分の骨は、こうなるだろう』

とその骨通りに治るとずーっと、イメージしていたそうです。

そうしたら、なんと2ヶ月で完治してしまったんだとか!

ご本人曰く、『ストレスで胃潰瘍になるくらいだから逆も絶対イケる!』と本気で信じていたそうです。

その後、陸上競技・十種競技元日本チャンピオンになりました。

一緒にゲスト出演していた脳科学者・茂木健一郎さんも、

『脳には自己治癒能力がある、本気で信じる力が大事』

と脳科学の観点から効果があると伝えていました。

イメージトレーニングで、「信じるものは、救われる」のでしょうか。

武井壮さんは、体力・想像力ともに本当に人間離れをしている方ですね。

本当にすごいです!

2014 沖縄マスターズ陸上 4x100mリレー 譜久里武 武井壮 石黒文康 渡辺潤一

世界記録まで0.05秒!

出典元:YouTube

  • LINEで送る

人気ランキング